記録

美味しいものを食べたい カッコいいものに乗りたい

ボロネーゼを作る

仕事中にふと頭の中に「ボロネーゼが食べたい」という思いが浮かび、帰りのスーパーで合挽き肉500g程購入しました。

(ホントは牛ひき肉が欲しいなぁと思っていましたが、近所のスーパー3軒回っても売ってませんでした。)

 

 

 

 

 

 

f:id:ryo2825:20190120221442j:image

f:id:ryo2825:20190120221401j:image

まず玉ねぎ、人参、セロリを刻んでいく。特に比率とかは気にしない。ニンニクは手につかんだ分(3粒)をみじん切り。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190120221854j:image

f:id:ryo2825:20190120221943j:image

フライパンにオリーブオイルと牛脂、ニンニクを入れ、香りがしたら玉ねぎと人参とセロリを入れて弱火でしばらく炒める。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190120222241j:image

f:id:ryo2825:20190120222304j:image

しんなりとしてきたらボールに移しておく。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190120223918j:image

同じフライパンにひき肉を入れて火にかけます。裏面が少し焦げるまでそのままで。

f:id:ryo2825:20190120224607j:image

ひっくり返して塩コショウ、ナツメグを入れ、ワインを注ぎます。

f:id:ryo2825:20190120223009j:image

使ったワインは

Château Simard Saint-Émilion Grand Cru 2000 と

Château Grand Mayne Les Plantes du Mayne Saint-Émilion Grand Cru 2005

の二本です。

飲みきれないまま、開栓してからしばらく経ってしまったり、味などが好みじゃない酒類は、いつも料理に惜しみなく投入しています。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190120225554j:image

f:id:ryo2825:20190120225705j:image

2本合わせてほぼボトル1本分のワインを入れて煮詰めていきます。

今回は余ったワイン全部を入れましたが、1カップあればいいと思います。

 

f:id:ryo2825:20190120225909j:image

煮詰めたら最初に炒めた野菜(ソフリット)、トマト缶、ケチャップとウスターソース、バジルやタイム、マジョラムやローズマリーなど好みのハーブ類、コンソメの素などを投入して混ぜていきます。

f:id:ryo2825:20190120230712j:image

混ぜたらローリエを入れ1時間程弱火で煮込んでいきます。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190120230803j:image

煮込み終わったらローリエを取り出し、寝かせましたら、完成!

 

 

 

f:id:ryo2825:20190121201248j:image

次の日、ソースを温めながらパスタを茹でていきます。

f:id:ryo2825:20190121201400j:image

 

茹でたパスタにソースを適量取り合えていきます。

f:id:ryo2825:20190121201514j:image

ボロネーゼの出来上がり。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190121202055j:image

別の日、フライパンにソースを適量取り、バター、クミンやコリアンダー、レッドペッパーやガラムマサラ等の香辛料、あればナスやグリーンピースなんかを入れて炒めていきます。

 

f:id:ryo2825:20190121203007j:image

ご飯にかければ、キーマカレーっぽいものができます。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190122200057j:image

f:id:ryo2825:20190122200124j:image

また別の日、食パンの上にソースとチーズを乗っけてトースターで焼きます。

 

f:id:ryo2825:20190122200428j:image

朝食や3時のおやつに良いと思います。

 

色々なアレンジができるボロネーゼ、小分けにして冷凍もできるので、たくさん作っておきましょう!