記録

美味しいものを食べたい カッコいいものに乗りたい

STAUBで豚の角煮

12月31日から1月3日まで仕事だった僕。

その後連休が続くので、時間をかけて豚の角煮でも作ろうと思いたったのは、仕事が終わった3日の夜。4日に近所のスーパーでマーブルポーク約1.2kgを購入。5、6日は予定があり、作り始めたのは6日の夜から。その角煮作成の過程をここに記録。

 

 

 

 

 

f:id:ryo2825:20190107142428j:image

f:id:ryo2825:20190107142614j:image

まず豚バラブロックをフライパンで全面を焼いていきます。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190107142857j:image

鍋に焼いた豚バラ、ネギの青い部分、生姜の皮、にんにく、八角、ウーロン茶ティーバッグ、水を入れていきます。蓋をして1時間くらいとろ火でゆっくり茹でていきます。たまに蓋を開け、表面に浮いてる脂をすくい取りながら水を足していきます。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190107143503j:image

f:id:ryo2825:20190107143537j:image

茹で上がった豚バラを洗い、好みの大きさに切ります。今回は角煮丼とかにもしたかったので小さめにカット。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190107144020j:image

f:id:ryo2825:20190107145939j:image

ストウブ24cmに醤油250ml、ザラメ糖100g、カツオ昆布合わせ顆粒だし小さじ一杯、日本酒3〜4カップ、種を抜いた唐辛子2本を入れて火にかけます。(調味料の量は全て適当です)。

ザラメ糖が溶け、アルコールが飛んだらカットした肉を入れて、上からキッチンペーパーを被せてまたとろ火で1時間くらい煮込む。煮込み終わったら火を止めて鍋が冷めるのを待ちます(寝る)。

 

 

 

f:id:ryo2825:20190107150347j:image

f:id:ryo2825:20190107150409j:image

朝起きて蓋を開け、表面に浮かんだ脂を適当に取り除いていきます。

f:id:ryo2825:20190107151452j:image

脂を取り除いたら、そこからまた1時間くらいとろ火で煮込んでいきます。

そして…

 

 

 

 

 

f:id:ryo2825:20190107152028j:image

できました!

ちょっと味見。うん、脂身はトロトロ、赤身はしっとり柔らかく、肉の味もしっかりとしていて良い感じ。

f:id:ryo2825:20190108052632j:image

丼にご飯を盛り、角煮と温玉を乗っけて、小ネギを散らし煮汁を回しかければ、角煮丼の完成!

一緒に食べてくれた友達もとても満足してくれた、よかった!

残った角煮はラーメンやチャーハン等に、煮汁はゆで卵をつけたり等様々なアレンジができるので、少し多めに作るのが良いでしょう!

 

 

"たいへんよくできました"な豚の角煮でした。皆さんも豚の角煮を作るときは、圧力鍋で時短で作ろうとせず、ゆっくりじっくり時間をかけて作ってみてください。