記録

美味しいものを食べたい カッコいいものに乗りたい

SELLE SMP COMPOSIT 70years 〜 70周年記念モデル、購入!

初めてSELLE SMPのサドルに座った時…

f:id:ryo2825:20170319204551j:image

「リビングのソファーに座っているみたい…!」

 

去年の夏に、シクロクロスで100kmライドに行ったときの事

f:id:ryo2825:20170319204930j:image

「なんだ、100kmなんて余裕じゃん!」と思った。

 

しかし、クルマの免許を取ってからは自転車に乗る機会も前ほど無くなり、せっかくカーボンロードバイクまで買っていろいろカスタムしていっても、結局は5〜30kmほどのライドしか乗っていませんでした。。。

 

そんなある日、会社の先輩とラーメンライドに行った時のこと。朝ラー、昼ラーを食べる計70kmほどのライドでしたが、最近そこそこの距離を走ってなかったのが祟ったのか、50kmを越えた辺りからペースが上がらなくなり足も回せなくなり、帰ってくる頃にはパンパンに、股はヒリヒリと、下半身の方がだいぶボロボロになりました。特に坐骨や尿道、ふくらはぎや太ももなどがとても辛かったです。

運動不足の影響がほとんどだと思いますが、それはすぐには治らないので、まずはその坐骨周りの問題を解決すべくサドルを変えようと思いました。

 

AXMANに付けていたのは、SIXTH COMPONENTS SETH SADDLE

 f:id:ryo2825:20170319210338j:image

座り慣れたサドルにしようと思ってフェザー号から移植しました。(元々の完成車にはSELLE ITALIA X1 FLOWが付いていました)

比較的値段が安く、質感はとても高い。見た目もカッコよくオシャレで、去年はフェザー号にこれを付けて計5000kmほど走ったが特に何ともありませんでした。

 ただ、今回のライドで気になったのは前傾姿勢を取るとき、尿道が圧迫されるということが気になりました。その辺はもともと気になっていた事ですが、そこら辺を走るくらいならそこまで体が痛くなる事もなかったので、サドルの事は後回しにしていました。しかしロングライドになると、尿道の苦しさがどんどん大きくなってきて、いずく感じられてきました。

そこで、前々からそのカタチなど、いろいろ気になっていたSELLE SMPのサドルを試しに付けて乗ってみようと思いました。お試しのサドルはテスト用では無く、行きつけの自転車屋さんの店長が昔使っていたevolution strikeというモデルをお借りしました。

f:id:ryo2825:20170319212340j:image

年季の入ったサドルに跨り、とりあえず走ってみた(FALCON S3にはまだサイコンが付いてないので何km走ったか具体的にはわかりません)

FALCONに装着して200mちょっと、股関節周りがヒリヒリで痛い状態で走ってみて最初に思ったこと。

「リビングのソファーに座っているみたい…!」

まず 坐骨がサドルに当たってできる痛みが無くなりました。尿道の苦しさもなくなりました。

f:id:ryo2825:20170321214152j:image

前のSETH SADDLEは、座面がフラットなのにスウェードっぽい感じの表面のおかげで、レーパンでも普段着でもお尻が動かずに座ってられました。その点もSIXTHのサドルの気に入ってるポイントでした。しかしこのサドルの先端は細くなっていて、しかも穴も窪みも無いので、前傾姿勢を取ると体重が尿道に掛かり圧迫される感じがありました。

 

f:id:ryo2825:20170321215130j:image

今回のSMPサドルは表面はツルツルしているが、独自のあの形のおかげでお尻がスポッとハマるので、前傾姿勢を取ってもお尻が動かず、さらに前のサドルであった尿道の圧迫もなくなるという、今の自分にとってとても相性の良いサドルになりました。

SMPはシートポストを選ぶというのを見ましたが、AXMAN FALCON S3には問題なく装着できました。

 

 あとは購入するだけですが、SMPは 幅の広さ、パッドの有無、厚さなどで種類がたくさんあります。

その中で今回選んだのは

f:id:ryo2825:20170402112413j:image 

SMP composit 70years 

せっかくなので70周年記念モデルを買いました!

 f:id:ryo2825:20170402112420j:image

f:id:ryo2825:20170402112426j:image

compositはベースに皮一枚貼っただけのもので、クッション性は皆無。でも自分に合った高さや角度をミリ単位で探して見つけられれば、これほど快適なサドルはありません。まあ、それを見つけるまで走っては調整、走っては調整の繰り返しですが…

 

AXMAN FALCON S3に装着した図は後ほど。